価格の総額表示義務について

令和3年4月1日より、税込価格の表示(総額表示)が必要となります。

消費者が値札や広告により、商品・サービスの選択・購入をする際、支払金額である「消費税額を含む価格」を一目で分かるよう、下記の例の様に表示が必要です。

税込価格11,000円(税率10%)の場合

  1. 11,000円
  2. 11,000円(税込)
  3. 11,000円(うち税1,000円)
  4. 11,000円(税抜価格10,000円)
  5. 10,000円(税込11,000円)

総額表示に該当しない例

  1. 10,000円(税抜)
  2. 10,000円(本体価格)
  3. 10,000円+税

詳しくは下記URLをご参照ください。

財務省「消費税の総額表示義務と価格転嫁対策に関する資料」
https://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/consumption/d03.htm