【越前市】R3年度コロナに負けない事業所等応援事業補助金

ウィズコロナの時代を乗り切り、事業継続にも繋がるような、市内の中小・小規模企業者や個人・団体の新たな取り組みを支援します。

申請期限を1か月延長し、グループ枠が拡充が行われています。

 

対象者

一般枠

市内の個人、団体及び中小・小規模企業者

 

グループ枠

市内の10事業所以上のグループ

※グループ枠の拡充がされました

※一般枠での交付との重複が可能です(ただし、グループ枠も1グループにつき1回に限ります)

 

対象事業

一般枠

新型コロナの影響を払拭し、事業継続につながる事業

 

グループ枠

商店街や同業者のグループなどが連携して行う、新型コロナの影響を払拭し、事業継続につながるキャンペーンやイベント事業

 

補助対象経費

一般枠:事業に直接供する以下の経費

・有形固定資産取得

・ソフトウェアの導入

・新たに始めるお持ち帰り、配達等に必要な包材・容器

・外注費

・荷造運賃

・広告宣伝費

・消耗品費

・その他市長が認めたもの

 

グループ枠

・イベント委託料

・印刷費

・広告代

・会場設営費用

・景品代 ※全事業費の1/2まで(例:100万円の事業費の内、景品代は50万円までとすること)

 

過去の活用事例

①飲食業の事例

子育て世代、二世帯住宅家庭をターゲットとしたテイクアウト事業を新設し、周知のためチラシの作成を行う。

 

②飲食業の事例

市内の他の飲食店とコラボ商品を開発販売するにあたり、SNS等で情報を発信を行う。

 

③飲食業の事例

テイクアウト事業の強化を図るため、地元情報誌に店舗情報や商品紹介記事を掲載する。

 

④製造業の事例

首都圏を中心に行っていた事業が、コロナウイルスの影響で経済活動を行えないことを受け、福井県内での顧客の確保を行うために宣伝広告を行う。

 

⑤小売業の事例

店の広告をするために、YouTubeで配信するようの動画を撮影する。

 

 

補助率

一般枠

10/10 上限10万円

※消費税分は対象外

 

グループ枠

10/10 上限100万円

※消費税分は対象外

 

申請期間

令和4(2022)年1月31日(月)まで

※1か月延長されました

※令和3年4月1日以降に実施した事業から申請できます

 

申請に必要な書類

①交付申請兼実績報告書

※交付申請額は千円未満切捨て

様式ダウンロード【交付申請兼実績報告書】

 

②事業実績報告書

※決算報告の額は税抜き価格で記載

 

③事業の実施が分かる写真、成果物等

※申請するすべての物品の設置状況が分かる写真を提出すること

 

④経費の支払いを証する書類の写し(領収書等)

※商品名、単価、数量、合計金額、支払いの完了が分かる書類を添付

※クレジットカード払いの場合、銀行口座からの引き落としまで完了していること

 

⑤口座振込確認書

様式ダウンロード【口座振込確認書】

 

【グループでの申請の場合のみ、必要な書類】

・グループ構成名簿

・共同申請書

 

その他

・申請前に、商工会までご相談ください

・同じ取組みで国・県の補助金を受けている場合は、対象となりません

・詳しくは、下記越前市のホームページをご覧ください

http://www.city.echizen.lg.jp/office/060/010/insyoku.html

・下記からも補助金交付要綱と申請様式をダウンロードできます

ダウンロード【補助金交付要綱・申請様式】